旦那が給料を管理させてくれないのはなぜ?

夫婦の中には色々な決まりごとや分担が決まっていることが多く、それによって円滑に生活をすることができるということでお互いに妥協しているところもあります。それでもなかなか納得できなかったり悩みとなっている部分はいくつかあるようで、その中のひとつが金銭面の管理です。特に旦那の稼いできた給料を管理させてくれないという悩みは意外と多く、兼業主夫ならば自分の稼いだ給料で色々な管理をすることができるのですが、専業主婦の場合は旦那の給料を管理することができないということは旦那に金銭を全てコントロールされているということになります。

このように妻に金銭を任せないという旦那はどのように考えているのかというところですが、ひとつに妻の金銭コントロールに不安があるというところがあります。例えば今までは金銭面は任せてくれていたのに、という場合は妻のお金の使い方が荒かったりしっかり家計簿を付けられなくて何にどの程度のお金を使ったのか把握できていないなど、金銭面に関する信頼を失っているという可能性もあります。特に旦那の給料を把握していないのに家計だけは任されているというケースもいくつか見られるのですが、このような場合はある程度の信頼はされているものの、妻だけではなく旦那側にも問題があることがあるので注意が必要です。

それ以外にも旦那が給料をある程度自分の好きなように使いたいからこそ妻に任せたくない、自分が大黒柱であることを誇示したいなどの男性側のプライドなどが関係している場合もあります。これらは話し合って納得できるものであればいいのですが、最悪の場合はモラハラなどのハラスメント問題に繋がってくる可能性があるので非常に危険な問題となっています。そして関連している危険性としては義実家などに自分ががんばっていることのアピールのためだけに行われている可能性があるというところで、自分の評価を高めたいだけという可能性もあります。

これらは夫婦間で話し合いの結果決まっていることであれば第三者が何かをいう必要はないのですが、納得できていない場合はしっかり話し合って決めることが重要となります。